Fisiotherapi – Golf menyakiti tubuh saya!!

Sport injury play goft, Muscle injury concept.
Takenoko News

ゴルフで身体が痛い!!

ゴルフで身体が痛い!!マッサージではなく理学療法(整体)で治療するべき理由 とは 「ゴルフで腰が痛くなった」「肩の痛みが酷い(ゴルフ肩になった)」といった経験はありませんか。ゴルフは、腰や足・肩にかけて全身を捻る運動ですので、身体のバランスが崩れやすく、単なる筋肉痛で済まない場合も多いです。

酷くなると、慢性の肩こり、腰痛、膝痛だけでなく、吐き気、頭痛、歩行困難など日常生活に支障が出てきます。

ゴルフが原因の身体の痛みは、単なる筋肉痛だけでなく身体の歪みが原因で他の不調が出てきている場合もあります。

その場合は、ただのマッサージだけでなく根本から調整していく必要があります。

ゴルフで身体が痛くなる原因3選

そもそも、ゴルフで身体が痛くなる原因は何でしょう。他のスポーツとは違い、ゴルフならではの原因があるのです。

1普段使わない背中の筋肉を酷使する これは、スイングの大きく体を捻る動きから来ています。この動きから、普段使うことのない背中や腰を全体的に何度も捻ることによって、筋肉痛に繋がります。

2ゴルフコースを歩かないことにより筋肉が固まる 広いゴルフ場では、特に歩いて移動することは少なく、ゴルフカートに乗って移動することが多いです。しかし、実際はラウンド中の歩行にはスイングで偏った身体のバランスを整える効果があります。

3マッサージストレッチを怠る 事前のストレッチなしに筋肉を動かすと、温まっていない筋肉が急に伸びようとするために攣ってしまったり、怪我の原因にもなります。腕や腰のストレッチだけでなく、足や背中のストレッチも忘れずに行いましょう。

身体のバランスを整えるには理学療法で根本から治そう

ゴルフが原因で身体を痛めた場合は、普通のマッサージで治ると思う方も少なくはなりません。

しかし、ゴルフでは筋肉痛以外にも身体の左右バランスが崩れて日常生活に支障が出ることが多いのです。例えば、肩甲骨の歪みによって猫背になってしまったり関節の曲げ伸ばしが痛みによりできなくなる場合があります。

自分では気がつかなくても、身体の左右バランスが崩れているのは同じ方向に動く動作が多いゴルファーさん達の特徴なのです。

このバランスを整えるには、やはり整体での施術がおすすめです。筋肉がこわばり、神経を圧迫しているところをピンポイントで施術します。さらに、骨盤や肩甲骨などのゆがみやずれを取って、バランスを整えていくことで、根本的に身体の歪みを改善していきます。

まとめ

ゴルフは、他のスポーツとは違い同じ方向に身体を何度も捻る動きがあります。そのために、十分なケアをしないと身体の左右バランスが崩れてしまい、日常生活に支障が出てきてしまうこともよくあります。
重症化を防ぐためにも、ストレッチやゴルフコースの歩き移動、整体に通って日ごろから身体の歪みを調整するようにしましょう。

Leave your thought here

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です